2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『小田原北条記』 江西逸志子

北条早雲に始まる北条氏5代に渡る栄枯盛衰を描いた江戸時代中期の作品。作者は江西の逸志子とされているが、これはペンネームであろう。江戸の西をすみかとしたのであろうか。伊勢新九郎と名乗った早雲がのち北条姓となるのだが、鎌倉幕府の執権政治を行った北条氏と区別するために、後北条氏や小田原北条氏と呼ばれる。

現代語訳の新書は上下2巻からなり、全10巻のなかにさまざまなエピソードが盛り込まれている。合戦や他の戦国大名、関東で覇権を持っていた関東管領上杉氏や古河公方などの周囲の人物にまつわる話も多く、北条氏を外部との関わりから描き出す視点ももっている。特に後半は、関東管領を継ぎ、北条家のライバルとなる上杉謙信や武田、全国統一をはかる秀吉の関東に押し寄せる動きをふまえ、なかなかのスピード感で描かれる。エピソードの積み重ねがつながりをもち、全体の理解へと導く構成となっている。

北条氏の盛衰もそうだが、関東の戦国時代の雰囲気や東国武将の意志決定の根底にある思考や道理、乱世とはいえ、まだ残るもののふとしての生き様など、人物描写から読み取れるものが多く、興味深い。鵠台(国府台合戦)で、初陣した安房の里見方の里見長九郎弘次は弱冠15歳ながら、相模の国の住人松田左京亮康吉にやむなく討ち取られてしまう。討ち取った康吉は猛然後悔し、一念発起し、出家してしまう。この下りは平家物語そっくりだ。

また、同じ巻5には、やもめ女がやもめ男を訴えるという、庶民の訴訟ごとをとりあげた章があり、女のとんちが泥棒の正体を暴くというような、話がとりあげられている。ほとんどが武将やその家族、または家臣の物語なので、これは珍しく、おもしろい。硬軟とりあげられるものの、話の多くはやはり、武家の生きざまに関わるものが多い。小田原衆や玉縄衆、小机衆など家臣団の活躍は、武士として命を惜しまず、忠孝に励む北条家臣と、親が子を、子が親を裏切る三浦氏や実子の竜若丸を置き去りに越後の謙信を頼っていく上杉憲政など、対比的に描かれているとみるのは穿ちすぎであろうか。もっとも、北条家伝来の家臣も秀吉の小田原攻めでは、最終的には敵に寝返る者もおり、そのあたりは公平に描かれている。

さて、さまざまなエピソードのなかでも、何といっても合戦記としての物語が一番面白い。前半は、複雑な関東の政治情勢を足利公方や関東管領の人柄をおさえつつ、ざっと把握できるようになっている。2代目の氏綱を経て、3代目の氏康の時代に隆盛を迎える。特に史上名高い、川越城への夜襲攻撃の下りは上巻のハイライトだ。両上杉合わせて八万余騎で、黄八幡左右衛門こと北条綱成の守る城を囲み、さらに古河公方までが約を違え、攻勢に回る。ここまで、国を切り取り、伊豆、相模、武蔵と領国を増やしてきた北条方は、動員できる兵力はその領国に比べ、少なかったようである。というより、敵の軍勢が多いのだ。このことは、まだまだ上杉氏が関東で威勢を保っていたということでもあろう。この後、敵に偽って窮状を訴え、油断させたのち、夜襲に成功する。

後半は、上杉、武田、今川との駆け引きのなかで、次第に小田原に迫り来る秀吉との全面衝突に向かっていく。秀吉本体は山中城を落とし、このころには内通者も出始める。一方、上州に迫る別働隊は松井田城、武蔵の松山城、鉢形城と次々に抜いてゆく。ここで、降参した大道寺氏などは北条と縁が深いのだが、北条の要の城への道案内と先駆けを行う。時代は、もう北条に利なし、と見ると逆に自家の本領安堵のために必死に攻めるのだ。この辺りになると、北条家臣団の結束や忠義はまったく感じられない。

それでも頑なに少数で抵抗し、全滅した八王子城や最後まで落城しなかった忍城などの物語が滅び行く戦国武将の生きざまとして、印象を残す。悲壮ながらも、自分の名の汚れることを恥とし、その忠義心に則って行動する小田原方が描かれることが、落日の小田原北条氏にも、少しの栄誉がある。

3代氏康が予見したように、その子氏政の政見の見誤りか、関八州というビジョンのなかでしか考えられなかったがゆえの悲劇か、運悪くという要素も加わり、自滅的な滅び方をする戦国大名の最後は、あまりにお粗末だ。しかし、それを差し引いても、関東に覇を唱え、小田原という商業圏を成立させ、繁栄を築いたのは、戦さ一方でない領国経営や治世の手腕が評価されるべきだと思う。そもそもの成立に他領をかすめ取ったり、力づくで上杉を滅ぼしたりといった正でない印象があり、また高名な他の武将の陰に隠れがちだったり、どうも分が悪い。だが、江戸につながる繁栄の礎が、北条5代の治世に築かれたとみてもよいだろう。

この北条氏については、ドラマチックな要素が少ないものの、もう少し注目されてもよいかと思われる反面、あまり世間をにぎわさず、秘匿的にマイナーな存在であってほしいとも願ってしまう。小田原の繁栄は、強引に集約した賑わいではなく、経済的な必然としてだったようである。小田原北条氏について、知るには恰好の本といえる。

小田原北条記 上 (教育社新書 原本現代訳 23)小田原北条記 上 (教育社新書 原本現代訳 23)
(1980/10)
江西 逸志子

商品詳細を見る


小田原北条記 下―関東の名城小田原の栄華から悲劇の落城・滅亡まで    教育社新書 原本現代訳 24小田原北条記 下―関東の名城小田原の栄華から悲劇の落城・滅亡まで  教育社新書 原本現代訳 24
(1980/11)
江西 逸志子

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

『齋藤孝の速読術』 齋藤孝

いつしか、ブログを書くことが面倒になって、つい放っておいてから、ずいぶんと時間が過ぎてしまった。もちろん読書をしてなかったわけではないが、ついついビジネス書が多くなってしまい、読了した本を記録することすら遠ざかってしまった。最近まとめて買った著者の本の中でも、この本に刺激されて、再び気負わず感じたことを記録していこうかという気になり、駄文を書きつづることにした。

速読術や速読法といった技術的な面ではなく、速読がもたらす効用を説いた本である。これで頭がグングンよくなる!の副題はいかにも著者らしく、気になるところを刺激する。速読・多読によって、どんな効果を得られるかが具体的かつ、わかりやすく書かれている。目から鱗というような発見よりも、本を読むということを楽しむだけでなく、もっと積極的に活かすような提案が多く、実務的な書である。

何しろ、読みっぱなしにせず、1冊1文でも、主要な概念だけでもしっかりとどめておくことが、面倒なようでも大切である。本を読んだときの理解力はABCの3段階に分けられる。読んだら終わり、内容も忘れ、何の役にも立たないCレベルから、要約することができるBレベル、自分の考えを付加してコメントをかけるのがAレベルだそうだ。要は、読みっぱなしにせず、かつ読んだ本を積極的に活用するために、例えば意識的に時間的制約を設ける、必ずそこから考え方や概念を取り出すよう意識するなど、読む行為を積極化する具体的な方策が提案されている。

具体的には、3色ボールペンを使い、大切な部分は赤、次に重要な点は青、主観的に面白いと感じた箇所は緑でマークする。またページ端を折り、インデックスとするなどアイデアフルだ。せっかく買った本だから、時間をかけてじっくりと楽しみながら読む本と、主要な2割を読んで、残り8割を理解する2割読書法を区別するなど、今後に活かせそうな考え方だ。特にビジネス書などは、2割読書で十分と思われる。

それぞれの本から、オリジナリティのある概念を理解し、のちのち使えるようにするには。自己の概念にとらわれす、様々な価値観の本に触れることの必要性。何をどう読むかということから始まり、キーワードをさがす、引用文をみつけるといった読み方から、小説、評論など種類による読み方、音読や呼吸法など、読書をとことん積極的に活用する著者独特の術が紹介されている。

速読といったキーワードに関連した幅広い読書術とそれをどう役立てるかということを、実践的かつ平易な語り口でわかりやすく説かれている実践書に仕上がっており、一度読めば、あとは目次を見るだけで思い出せる内容だ。さて、私としては、まずは本を読む行為そのものを目的化しないで、楽しみながら読む本、趣旨を取り出す本くらいに分けて、読んでいってみようかと思う。本の良さは、読了後の充実感を求めるだけでなく、有用な本であれば、とばし読みやエッセンスを抜き読む、比べ読むなどさまざまな楽しみがある。経験則で、書店に並べてある本、特にビジネス書は目次を読むことで、買う価値があるかないかを決めていたが、これはどうやら正しいようである。ビジネス書はとかく、中身の薄いものから、同じことの言い換えが繰り返されるものなど、買ってから、後悔することも多いので、自然についた見極め法といえる。



齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる!齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる!
(2006/10)
斎藤 孝

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

『最後の将軍』司馬遼太郎

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

『会津士魂』(全13巻)早乙女貢

幕末の会津藩が薩長のいわゆる官軍に対して、賊軍と呼ばわれ朝敵とされながらも、最後まで頑強に抵抗し続けたのは史実の示すところです。本書はその会津藩主松平容保が動乱の京都守護職に任命されてから、鳥羽伏見の戦に破れ、江戸から会津落城へと終焉を迎える7年間を描いています。この7年間の記述には、時間のスピードが速かったり、緩やかだったり、時に前後しながらたっぷりと叙述されています。後半は会津のために命を落とした人たちを実に丁寧にかかれています。特に会津落城直前までの記述は第12巻、第13巻と2巻におよんでいます。さすがに読了までに、通勤読書で3ヶ月くらいかかりました。

歴史を描くのに、いわゆる歴史史観というのがあり、それゆえに面白いわけですが、本書はその点明瞭です。敗者の側、それも会津藩側からのみの視点です。時には奥羽越列藩同盟の同盟国にもやや厳しい批判的な箇所もあります。当然、薩長土にいたっては、武士どころか人ではなく、狂気に満ちた獣のように描かれるところもあります。とはいえ激越な調子にいつの間にか、それも一理ある、と思えてしまうところがこの小説のおもしろさです。もはや、客観的に傍観者でいることはゆるされず、否応なく共鳴するか否かを読者が問われてしまうようなところがあるのです。ですから、この作品になじめない人も当然いるでしょうし、まして明治国家が理想的な明治維新によって進められたと信じたい人にとっては、とても嚥下しがたいものがあると思います。

何が嚥下しにくいのか、それがこの本の主題である士魂と逆の、功利的であったり功名的であったりする薩長土、あるいはそれに吸い寄せられた諸藩からなるいわゆる西軍のあまりに世間の評価と対照的な面だからです。合目的であればそれでいいのか、いわば勝てば官軍が正しいのか、真っ正面から問われることになります。それにしても激越な調子は、少々面食らいますが。ただし、河井継之助などに対しては、功罪とても冷静に描いていて、納得させられるところもあります。河井のヒーロー的活躍ではなく、外見的苦悩と、長岡藩の外からはこう見えるのかという観点が、今年になって読んだ司馬遼太郎の『峠』と比較して面白かったです。

ここ数年で、いろいろな幕末の見方が出てきており、これまで明るみに出てこなかった史実などもきっと出てくることでしょう。手放しで明治政府が画期的というより陰翳の部分ももっと明らかになってくるにつれて、人物の評価も変わってくるのだと思います。それにしても、維新の立役者もばっさりときる辛口の本書の記述は、好悪が分かれると思います。天の邪鬼の私としては、ちょっと愉快なところもありましたが。熱烈なファンのいるいわゆる志士たちも志士どころかごろつき程度の書かれ方がなかなか小気味よさもあります。

さて、主題の会津士魂とは何か、は本書の中で繰り返し説かれるところなので、あえて抽出しません。
ただ、これだけは確かなのは二本松少年隊や白虎隊の少年たちの悲劇、そして数百人の老幼婦女が西軍に蹂躙されるのをおそれ、あるいは恥として自害して果てた事実があることです。このときの悲劇の様子も詳述されていますが、会津の人たちの行動規範が何であったかが、まさしく会津士魂であったということなのだろうと思います。また、いわゆる武士の情け、すらなく使者の埋葬をも許さなかったことや、その後の惨憺を知ると激越な表現もやむなしとも思われてしまいます。会津憎しの単純さで力押しにあたったことや、そこには何の思想もビジョンもなかったと思われる様子もさもありなん、とも思えてしまうのです。いずれにしても、敵が会津だったからこそ、明治政府もうまく乗り切ったということも、またいえるのではないでしょうか。会津人の素直さや潔さが後の世まで禍根を残さなかったともいえると思います。会津士魂とは、敵の子はまた敵といったような愚かな単純さではないと思われます。

ただ、朝敵と決めつけられるには、やはり首肯しがたい。それがこの本を読むと、いろいろな人が命がけで守るものとして訴えかけてくるような気がします。この本、会津に対してよい印象を持っていない人にはおすすめしません。もっとも、薦めても読まないと思いますが。ちなみに文庫本の表紙絵も作者が描いています。

会津士魂  1 会津藩京へ (集英社文庫)会津士魂 1 会津藩京へ (集英社文庫)
(1998/08/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る

会津士魂  2 京都騒乱 (集英社文庫)会津士魂 2 京都騒乱 (集英社文庫)
(1998/08/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  3 鳥羽伏見の戦い (集英社文庫)会津士魂 3 鳥羽伏見の戦い (集英社文庫)
(1998/09/18)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  4 慶喜脱出 (集英社文庫)会津士魂 4 慶喜脱出 (集英社文庫)
(1998/10/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  5 江戸開城 (集英社文庫)会津士魂 5 江戸開城 (集英社文庫)
(1998/11/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  6 炎の彰義隊 (集英社文庫)会津士魂 6 炎の彰義隊 (集英社文庫)
(1998/12/15)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  7 会津を救え (集英社文庫)会津士魂 7 会津を救え (集英社文庫)
(1999/01/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  8 風雲北へ (集英社文庫)会津士魂 8 風雲北へ (集英社文庫)
(1999/02/19)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  9 二本松少年隊 (集英社文庫)会津士魂 9 二本松少年隊 (集英社文庫)
(1999/03/19)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  10 越後の戦火 (集英社文庫)会津士魂 10 越後の戦火 (集英社文庫)
(1999/04/15)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  11 北越戦争 (集英社文庫)会津士魂 11 北越戦争 (集英社文庫)
(1999/05/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  12 白虎隊の悲歌 (集英社文庫)会津士魂 12 白虎隊の悲歌 (集英社文庫)
(1999/06/18)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  13 鶴ヶ城落つ (集英社文庫)会津士魂 13 鶴ヶ城落つ (集英社文庫)
(1999/07/16)
早乙女 貢

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

『夏草の賦』 司馬遼太郎

戦国時代は面白い。土佐から四国を征し、やがて天下をねらう長曾我部元親。そもそも長曾我部という長々しい姓もそうだが、土着の田舎くささがとてもよい。痛快といえる上巻から、あと少し時代が早ければ、あるいは土佐でなければ、という悲痛な願いもかなわず、天下統一に進む織田信長、そして豊臣秀吉に絡め取られていく下巻。

前半は妻菜々との絆を軸に四国切り取りの物語が進行していく。べらぼうに強い、といのではなく、何とか負けないようにと腐心して、勝ち戦にもっていく。自らも自覚しているとおり、臆病でいて、そのくせしたたかで、野心が強く、己の強さを自負している。何ともいえない性格なのだが、読むほどに引き込まれていく。また、無鉄砲で好奇心の強い性格の菜々とのやりとりが面白い。この明るさは下巻になっても物語の底流にあって、引き込まれる。まさに司馬遼太郎ならではの人間描写のうまさがここにある。

天下をねらうにまず四国平定から、とばかり切りしたがえていくのだが、あと少しというところで織田信長の干渉が入る。土佐一国の本領安堵と引き替えに四国を渡すなどできるか。そもそも、今まで手柄を立ててきた部下への恩賞もままならないことになってしまう。膝を屈して生き延びるか、難事に体当たりするか。元親の苦渋の選択は?

決して爽やかとはいえないが、かといって自身のいわゆるプライドを捨てて変わり身をするような人物でない長曾我部元親という男の戦略や考え方がよくわかって面白い。そして戦疲れをしたかのような後半生での世に対する無関心は、戦国という時代の終わりと、天下統一なって後、政争が新たな戦いとなっていくなかで、組織の中で生きることを自らよしとしない頑迷さもあって、じゅうぶん心情として共感しうるのだ。

夏草に見る今はなき兵たちの夢も、やがて元親の息子盛親の代で終焉を迎える。面白くて、やがて何とももの哀しいような、一編。

夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)
(2005/09/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)
(2005/09/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

«  | ホーム |  »

プロフィール

yeria

Author:yeria
つれづれなるなるままに。
面白かった本があると連想的に関連する本を読む傾向があります。
通勤電車の中(居眠りしながら)が主な読書時間です。

 

最新記事

最新コメント

 

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。