FC2ブログ

2018-12

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『最後の将軍』司馬遼太郎

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

『会津士魂』(全13巻)早乙女貢

幕末の会津藩が薩長のいわゆる官軍に対して、賊軍と呼ばわれ朝敵とされながらも、最後まで頑強に抵抗し続けたのは史実の示すところです。本書はその会津藩主松平容保が動乱の京都守護職に任命されてから、鳥羽伏見の戦に破れ、江戸から会津落城へと終焉を迎える7年間を描いています。この7年間の記述には、時間のスピードが速かったり、緩やかだったり、時に前後しながらたっぷりと叙述されています。後半は会津のために命を落とした人たちを実に丁寧にかかれています。特に会津落城直前までの記述は第12巻、第13巻と2巻におよんでいます。さすがに読了までに、通勤読書で3ヶ月くらいかかりました。

歴史を描くのに、いわゆる歴史史観というのがあり、それゆえに面白いわけですが、本書はその点明瞭です。敗者の側、それも会津藩側からのみの視点です。時には奥羽越列藩同盟の同盟国にもやや厳しい批判的な箇所もあります。当然、薩長土にいたっては、武士どころか人ではなく、狂気に満ちた獣のように描かれるところもあります。とはいえ激越な調子にいつの間にか、それも一理ある、と思えてしまうところがこの小説のおもしろさです。もはや、客観的に傍観者でいることはゆるされず、否応なく共鳴するか否かを読者が問われてしまうようなところがあるのです。ですから、この作品になじめない人も当然いるでしょうし、まして明治国家が理想的な明治維新によって進められたと信じたい人にとっては、とても嚥下しがたいものがあると思います。

何が嚥下しにくいのか、それがこの本の主題である士魂と逆の、功利的であったり功名的であったりする薩長土、あるいはそれに吸い寄せられた諸藩からなるいわゆる西軍のあまりに世間の評価と対照的な面だからです。合目的であればそれでいいのか、いわば勝てば官軍が正しいのか、真っ正面から問われることになります。それにしても激越な調子は、少々面食らいますが。ただし、河井継之助などに対しては、功罪とても冷静に描いていて、納得させられるところもあります。河井のヒーロー的活躍ではなく、外見的苦悩と、長岡藩の外からはこう見えるのかという観点が、今年になって読んだ司馬遼太郎の『峠』と比較して面白かったです。

ここ数年で、いろいろな幕末の見方が出てきており、これまで明るみに出てこなかった史実などもきっと出てくることでしょう。手放しで明治政府が画期的というより陰翳の部分ももっと明らかになってくるにつれて、人物の評価も変わってくるのだと思います。それにしても、維新の立役者もばっさりときる辛口の本書の記述は、好悪が分かれると思います。天の邪鬼の私としては、ちょっと愉快なところもありましたが。熱烈なファンのいるいわゆる志士たちも志士どころかごろつき程度の書かれ方がなかなか小気味よさもあります。

さて、主題の会津士魂とは何か、は本書の中で繰り返し説かれるところなので、あえて抽出しません。
ただ、これだけは確かなのは二本松少年隊や白虎隊の少年たちの悲劇、そして数百人の老幼婦女が西軍に蹂躙されるのをおそれ、あるいは恥として自害して果てた事実があることです。このときの悲劇の様子も詳述されていますが、会津の人たちの行動規範が何であったかが、まさしく会津士魂であったということなのだろうと思います。また、いわゆる武士の情け、すらなく使者の埋葬をも許さなかったことや、その後の惨憺を知ると激越な表現もやむなしとも思われてしまいます。会津憎しの単純さで力押しにあたったことや、そこには何の思想もビジョンもなかったと思われる様子もさもありなん、とも思えてしまうのです。いずれにしても、敵が会津だったからこそ、明治政府もうまく乗り切ったということも、またいえるのではないでしょうか。会津人の素直さや潔さが後の世まで禍根を残さなかったともいえると思います。会津士魂とは、敵の子はまた敵といったような愚かな単純さではないと思われます。

ただ、朝敵と決めつけられるには、やはり首肯しがたい。それがこの本を読むと、いろいろな人が命がけで守るものとして訴えかけてくるような気がします。この本、会津に対してよい印象を持っていない人にはおすすめしません。もっとも、薦めても読まないと思いますが。ちなみに文庫本の表紙絵も作者が描いています。

会津士魂  1 会津藩京へ (集英社文庫)会津士魂 1 会津藩京へ (集英社文庫)
(1998/08/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る

会津士魂  2 京都騒乱 (集英社文庫)会津士魂 2 京都騒乱 (集英社文庫)
(1998/08/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  3 鳥羽伏見の戦い (集英社文庫)会津士魂 3 鳥羽伏見の戦い (集英社文庫)
(1998/09/18)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  4 慶喜脱出 (集英社文庫)会津士魂 4 慶喜脱出 (集英社文庫)
(1998/10/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  5 江戸開城 (集英社文庫)会津士魂 5 江戸開城 (集英社文庫)
(1998/11/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  6 炎の彰義隊 (集英社文庫)会津士魂 6 炎の彰義隊 (集英社文庫)
(1998/12/15)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  7 会津を救え (集英社文庫)会津士魂 7 会津を救え (集英社文庫)
(1999/01/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  8 風雲北へ (集英社文庫)会津士魂 8 風雲北へ (集英社文庫)
(1999/02/19)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  9 二本松少年隊 (集英社文庫)会津士魂 9 二本松少年隊 (集英社文庫)
(1999/03/19)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  10 越後の戦火 (集英社文庫)会津士魂 10 越後の戦火 (集英社文庫)
(1999/04/15)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  11 北越戦争 (集英社文庫)会津士魂 11 北越戦争 (集英社文庫)
(1999/05/20)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  12 白虎隊の悲歌 (集英社文庫)会津士魂 12 白虎隊の悲歌 (集英社文庫)
(1999/06/18)
早乙女 貢

商品詳細を見る


会津士魂  13 鶴ヶ城落つ (集英社文庫)会津士魂 13 鶴ヶ城落つ (集英社文庫)
(1999/07/16)
早乙女 貢

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

『夏草の賦』 司馬遼太郎

戦国時代は面白い。土佐から四国を征し、やがて天下をねらう長曾我部元親。そもそも長曾我部という長々しい姓もそうだが、土着の田舎くささがとてもよい。痛快といえる上巻から、あと少し時代が早ければ、あるいは土佐でなければ、という悲痛な願いもかなわず、天下統一に進む織田信長、そして豊臣秀吉に絡め取られていく下巻。

前半は妻菜々との絆を軸に四国切り取りの物語が進行していく。べらぼうに強い、といのではなく、何とか負けないようにと腐心して、勝ち戦にもっていく。自らも自覚しているとおり、臆病でいて、そのくせしたたかで、野心が強く、己の強さを自負している。何ともいえない性格なのだが、読むほどに引き込まれていく。また、無鉄砲で好奇心の強い性格の菜々とのやりとりが面白い。この明るさは下巻になっても物語の底流にあって、引き込まれる。まさに司馬遼太郎ならではの人間描写のうまさがここにある。

天下をねらうにまず四国平定から、とばかり切りしたがえていくのだが、あと少しというところで織田信長の干渉が入る。土佐一国の本領安堵と引き替えに四国を渡すなどできるか。そもそも、今まで手柄を立ててきた部下への恩賞もままならないことになってしまう。膝を屈して生き延びるか、難事に体当たりするか。元親の苦渋の選択は?

決して爽やかとはいえないが、かといって自身のいわゆるプライドを捨てて変わり身をするような人物でない長曾我部元親という男の戦略や考え方がよくわかって面白い。そして戦疲れをしたかのような後半生での世に対する無関心は、戦国という時代の終わりと、天下統一なって後、政争が新たな戦いとなっていくなかで、組織の中で生きることを自らよしとしない頑迷さもあって、じゅうぶん心情として共感しうるのだ。

夏草に見る今はなき兵たちの夢も、やがて元親の息子盛親の代で終焉を迎える。面白くて、やがて何とももの哀しいような、一編。

夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)
(2005/09/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)
(2005/09/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

『箱根の坂』 司馬遼太郎

戦国時代、小田原を中心に関八州と呼ばれた関東地方を治めた北条氏。その祖となった北条早雲の一代記。後代からみると、戦国時代の先駆けともいえる早雲も決して、野望に満ちた覇権主義者ではなかった。室町幕府の礼儀作法を司る伊勢家の端につながる伊勢新九郎がいかに北条早雲となるかを上中下、三巻で描く。もっとも、本人は北条とは名乗っていなかったようであるが。小説上の設定ながら、不思議な人物だ。まず、伝統の家に生まれていながら、仕事は家伝の鞍作り。職人である。職人としての潔さと、欲得のなさが人間としての基本にある。さらに、この時代にあって、生き急がない考え方。陰謀で成り上がるのかと思えば、さにあらず。時がたち、機が熟するのじっくりと待つ。

この伊勢新九郎がいかに小田原を中心に覇をとなえるのか、この上がりに期待しながら、人間双六を楽しもうとすると、ちょっと肩すかしだ。そもそも、武家といっても合戦で切り取っていくいくというよりは、自身が追いつめられながら、やむを得ない選択の結、という様相だ。時代は、応仁の乱に向かう、新しい時代のエネルギーをたっぷりとはらんだ退嬰的な室町政権下。家督相続をめぐる将軍家以下の争いは、その表層とは別に、新しい世の中をめざす無名の足軽を中心とした人たちの自分でも意識しない時代の奔流にのって流れていくようすがよく描かれている。変化の時代にあって、旧たる違う価値観とこれから勃興する新しい価値観を具体的に人の目をとおして伝えてくれているのも、本書の大きな魅力だ。

-かれの若いころを知っている京のひとたちは、
 -変哲もない男ではないか。
という印象しかもっていなかった。
 むろん鞍をつくることは上手だった。しかし人格の総称である器量ということでは突出した部分が見られず、まして人の寄親になれるようなところは、ないように見受けられた。早雲が、なぜ、のち北条早雲になったか、かれに縁のあった都のひとびとにとって謎であった。

ともあれ、応仁の乱がなければ、この後の時代がなかったであろうと思われるのが、よくわかる。鎌倉以来の本領安堵と主従関係から、力量次第で、領土を切り取る下克上、中央集権から地方分権への過渡期がさまざまな観点から描かれる。力を志向するものは、より強いものが部下を形成し、さらに強いものがそれらを組織化して従えていく。こうした新旧の時代変遷のはざまで、派手さはないものの組織づくり、領土経営に手腕を発揮したのが、伊勢新九郎であったことがよくわかる。その新九郎の転機は戦乱の京都を逃れて、駿河に向かうところだ。運命が変わる。上巻の後半だ。

- 息を殺すようにして丸子と駿府を過ぎ、やがて薩捶山の嶮にさしかかって、いくつかの岨道を越えているときに、早雲の生涯の運命がかわった。

駿河に居を構えた新九郎は今川氏の家督相続めぐる混乱に力を貸し、これをきっかけに伊豆へ向かうことになる。荒れ果てた京都を捨てたことが転機となるが、心理的にも物理的にも箱根の坂は大きく、ここから以東は別の世界であった。ともあれ、下巻になってようやく武張った話が出てくる。まずは、関東の将軍、堀越公方を襲った茶々丸を追いつめ、ここで、勢いに乗って関東に攻め入る、ということではなく、ここでもまた、暫く力をためる。小田原の大森氏、三浦半島の三浦氏、さらには関東管領、両上杉氏との複雑な関係を背景に領土経営に力をそそぐ。

これまで、義とか仁とかおのれの領土拡張のためではなく、今川氏との関係から、やむなくとも見える義のあるやり方で、伊豆の地を治めてきた。しかしながら、関東の地は複雑な様相で、もはや義や仁は通じない。関東では、頼れると見られた太田道灌は、だまし討ちにあい、世はさらに混沌とし、ぬきんでた力を持つもののいないまま、競り合いの状況にあった。ここから、新九郎がいかに小田原に入り、三浦氏を討ち滅ぼすか、物語は終わりに近い。早雲となった新九郎が三浦氏を滅ぼしたのは、八十七歳。こうなると、長寿は大きな武器だが、武将としてのデビューが遅いのもあるが、混乱の関東での時間をかけた切り取りにも驚かされる。

早雲の四公六民といわれる税制をはじめ、北条氏の政権は軍事もそうだが、民政に力を注がれていたことがよくわかる。北条氏はこの後、英邁な武将が続出し、独特の支城網をつくりあげ、関八州に覇を唱えるようになるが、何もかもが早雲の中にあったようである。

合戦の場面などは少ないものの、応仁の乱以降の時代の空気を多くの歌と当時の流行となった言葉などとともに、わかりやすく教えてくれる良書だと思う。



新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)
(2004/06/15)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)
(2004/06/15)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)
(2004/06/15)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

『冬の鷹』 吉村昭

江戸時代、田沼意次が政治を動かしている頃の話である。四十歳を越えてオランダ語習得を志した前野良沢は、長崎まで留学するも、遅々として学習がはかどらない。当時のオランダ語通訳は通詞とよばれ、世襲制で、閉鎖的であった。そのことも災いし、門外漢の良沢はとまどうばかりだった。

-「たしかに、そのような風潮はございます。しかし、それは通詞の仕事がいかに困難なものであるかをしめすものとも申せます。通詞はオランダ人の言語をお役人につたえますが、江戸、中津、長崎の言葉が異なりますように、オランダ人も出身地によって異なった言語をつかいます。それを苦心して理解しお役目をはたすことは、並大抵のことではございませぬ。通詞は、それぞれ真剣に努力をいたしておるのです。そうした日夜の苦しみが、通詞を偏狭なものにしているのではないでしょうか」

そんな折、ようやく買い求めた仏蘭辞書を見た途端、あまりのわからなさに巨大な絶望感にとらえられる。そして手に入れたもう1冊のオランダ書「ターヘル・アナトミア」がオランダ語学習への入口となった。まったくの偶然から、長崎留学の前から知り合いだった杉田玄白も同書を所持していたのだった。

二人は揃って、骨ヶ原刑場に罪人の腑分けと称する解剖を見た帰りに、玄白の提案でこの書の翻訳を志す。かろうじてオランダ語が理解できるのは前野良沢だけという状態で、苦心惨憺、3年あまりを費やして完成したのが、解体新書だった。この書をきっかけに、杉田玄白は蘭方医として成功していき、元々が藩医である前野良沢は、語学を究めんと没頭していく。

--良沢殿は、医業よりもオランダ語研究を重視している。それ故に完全な翻訳をねがっているのだ。しかし、私は、あくまで医家だ。翻訳は、新しい医学知識を得るための方便に過ぎず、人体がいかなる構造をもつものかを公けにすることが医家である自分の悲願なのだ。

玄白の思いである。意外にも、苦心して翻訳した解体新書に訳者として名前を載せることを良沢は拒んだ。
-「私は、長崎へオランダ語修得に出かける心がまえとして、神に誓いを立てたのでござる。オランダ語の研鑽を深めることができますように祈るとともに、その修得は決して名をあげるためではない。もしもこの学業が聞達の餌となすことところあらば神明これをつみせよと祈願いたしたのでござる。以上のような理由で、私は翻訳書に名をのせていただくことをご辞退いたしたい」

玄白は良沢の思いを、完全主義者として、翻訳の出来映えを不十分で不満をいだいているととらえるが、出版をやめようとはしない。しかしながら、処世に長けた玄白は、良沢と諍いをおこすこともない。
二人の対照的な生き様は、一旦、交わり合ったものの、どんどんと離れ、表面的に敵対しないものの、その後再び交わることはなく、たがいに干渉しない人生を送る。

成功者として、揺るぎない地位と富を着々と築く玄白に対し、清貧的な生き様で、オランダ語修得を究める良沢。生き方の違う二人に、軽躁的な人物として描かれる平賀源内、尊皇思想家の高山彦九郎などを配し、二人が亡くなるまでが描かれる。主役は前野良沢であるが、あえて成功に背を向ける、頑ななまでの生き様に共感を覚えず、医学の発展に貢献するという栄誉によくする杉田玄白的生き方に共鳴する読者もいるかもしれない。おそらくは、性格の問題なのかもしれない。人との交際を好まず、ひたすらに学問に打ち込もうとする良沢のひたむきさを奇異に覚え、薄気味悪く、また後ろめたく思う玄白の心情も、読者はまた理解できる。

しかしながら己の信念にもとづいて、最後まで世俗的な成功を求めなかった良沢をより、より賞賛したい気持ちは作者同様である。いずれにしても、前野良沢というまっすぐな情熱を持った才人がいないかぎり、解体新書は世に出なかったのであるから、この点は杉田玄白も大いにひけ目を感じてよいのだろう。


冬の鷹 (新潮文庫)冬の鷹 (新潮文庫)
(1976/01)
吉村 昭

商品詳細を見る

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

«  | ホーム |  »

プロフィール

yeria

Author:yeria
つれづれなるなるままに。
面白かった本があると連想的に関連する本を読む傾向があります。
通勤電車の中(居眠りしながら)が主な読書時間です。

 

最新記事

最新コメント

 

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。