FC2ブログ

2018-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『峠』 司馬遼太郎

読み出したら、寸暇を惜しんで読みたくなる。
司馬遼太郎の小説でもかなり面白い方に入ると思う。いつもながら、のっけから引きずり込まれる語り口だ。読み終わって、この小説が面白いのか、河井継之助という人物が魅力的なのか、はたしてどちらなのだろうか、と考えてしまった。

あまりをこの時代を知らない頃は歴史の流れでやはり明治維新という大きな流れに抗った奥羽越列藩同盟にほとんど関心はなかった。ところが、こうした東軍のようす、会津藩をはじめ朝敵の汚名をきせられ、犠牲になった者たちへの関心がいつしか強まってきた。そんな中での一冊だ。
幕末から始まる物語の主人公は、徳川譜代の小藩長岡藩の家老になる人物で、幕末期にいかに藩を導いたかが描かれる。変人だ。変わり者は同時代の人からみれば時に不可解だったり、不快だったりするのだろうが、後世の私には魅力的だ。また、見事に魅力的に描かれているのがこの小説だ。
安政の大獄の反動から倒幕への流れで、なるほどと思ったのは、以下。

-この、
 参覲交代制の廃止
 大名の妻子の江戸住い廃止
 ほど、幕府の命脈を決めた政令はなかったであろう。
 「春嶽はばかなことをする」
 と、幕臣のあいだで大いに不評判であった。なぜならばこの直後から長州藩の鼻息がつよくなり、やがて反乱をおこした。

この時代、流れは尊皇攘夷、そして倒幕なのだが、徳川譜代の藩に属す河井にとっては、思考や行動の根はあくまでも藩である。河井は陽明学の徒である。陽明学はおそろしい学問だ。知識としての学問ではなく、知行合一、すなわち行動をその教えるところに近づけ、自分を律する努力を伴う教えである。前半は陽明学を傍観しながら、行動の原理を探る河井の生き方。後半は、なぜ一藩あげて西軍(薩長軍)と戦うことになるのか、いかにしてそこにたどりつくのかを丹念に描いている。海外の事情もよくわかっている、今後の日本の進むべき方向もわかっている、そのなかで、長岡藩の家老としてどう藩の進むべき進路を舵取りするか、この時代にあって嘘のような進路を選択する。

なぜ、最後は藩をあげての抵抗なのか、このあたりの顛末は抗えない大きな時代の流れを感じる。無念である。さらに河井が藩の考えを伝えようと西軍の軍監岩村精一郎との会談を行う際の記述。

-昼もよほどすぎたころ、官軍の陣営から使いがきて、
 「参られよ」
 という。やや言葉つきがぞんざいになっているのは、どういうものか。継之助は衣服のちりをはらい、麻の裃をつけ、案内のあとに従った。官軍本営にゆくのかとおもえば、使者はちがうという。
 「寺でござる」
 といった。慈眼寺といった。
 小千谷の慈眼寺といえば、このあたりでは知られた禅宗の古刹である。しかし本営を会談の会場にせず、なぜそういう寺がえらばれたのか、継之助も多少不審をもった。

この慈眼寺には会見の間が復元されているそうである。一度訪れてみたいと思う。

最後に河井の死に様がまた変わっている。紹介したいのは山々だが、興ざめになるので、やめておく。代わりに、河井が武士であったというエピソード。

戦時なので、傷ついた左足の膿をとるため、担架で運ばれながら手当を受ける。
-「気を失うような痛さでありましょうが、旦那様はひと声も漏らされませなんだ」
 と、松蔵は晩年まで語った。

そして、この時、会津にぬける国境の八十里峠を越えながら、よんだ一句。

 八十里こしぬけ武士の越す峠
と、継之助は我が姿を自嘲した。

最後に、やや興ざめだが、河井の生き方そのものとは別に、藩の政治的な動きのため戦争の犠牲となった人たちも大勢いた。それらの人々が河井に対して厳しい評価をするのはやむをえないと思う。武士に生まれなかった人たちはサムライらしい生き様をしようもない。とはいえ、それぞれの立場で考えれば、河井の武士としての立場での生き方はとてつもなく偉大に思える。


峠 (上巻) (新潮文庫)峠 (上巻) (新潮文庫)
(2003/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

峠 (中巻) (新潮文庫)峠 (中巻) (新潮文庫)
(2003/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

峠 (下巻) (新潮文庫)峠 (下巻) (新潮文庫)
(2003/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yeria2.blog29.fc2.com/tb.php/1-b62448cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yeria

Author:yeria
つれづれなるなるままに。
面白かった本があると連想的に関連する本を読む傾向があります。
通勤電車の中(居眠りしながら)が主な読書時間です。

 

最新記事

最新コメント

 

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。